松野哲也博士が開発した製法に従い手作りでプロポリスを製造しています。日々の健康維持にお役立て下さい。

.

 プロポリスとはミツバチが樹皮や新芽に分泌される粘性の高い浸出液を採取し、巣箱の壁面に塗り固めた膠状あるいは塊状の樹脂です。同物質は僅かにしか採取できない貴重なもので、かつ300種類以上もの植物由来成分を含む、まさに薬理作用物質の宝庫です。

 プロポリスは古く古代ギリシャ時代から知られ、アリストテレスの『動物誌』にもその記載があります。 ギリシャ語でプロは前、ポリスは都市を意味します。ミツバチの巣を都市になぞらえ、それを守るものという意味がこめられているのです。 紀元前3000年頃の古代エジプトでは、ミイラの腐敗防止にプロポリスが使われており、古代ローマ軍の兵士は戦争の際、これを携行したと言われています。南アフリカのボーア戦争でも利用されていた記録が残っています。

 

 原材料のプロポリスは良質なものでなければなりません。当社はブラジルの中でも豊かな自然に恵まれ、最高級品の1つと言われているミナス・ジェライス産のプロポリスを中央政府農務省S.L.F連邦検査局認定工場から輸入しています。

 また、当社のプロポリスはプロポリス研究の第一人者でもある松野哲也博士の製法を学び、飲み易く、吸収され易くするよう、ユニフォーミティ・エマルジョン化と熱水抽出という2段階のステップを経て1本1本細心の注意を払いながら、健康のお役にたてるよう心を込めて手作りで調製されたものです。

IMG_4843-2

プロポリス原塊(アレクリン系)